2009年03月31日

鷺と雪

タグ:北村薫
鷺と雪

北村 薫
文藝春秋(2009-04)
¥ 1,470
ISBN10:4163280804
ISBN13:9784163280806
Amazonで詳細を見る


令嬢と女性運転手が活躍する<ベッキーさん>シリーズ、完結!日本にいるはずのない婚約者が写真に映っていた。英子が解き明かしたからくりは──。そして昭和11年2月、物語は結末を迎える




<ベッキーさん>シリーズはこちら
街の灯 (文春文庫)

北村 薫
文藝春秋(2006-05)
¥ 500
ISBN10:4167586045
ISBN13:9784167586041
Amazonで詳細を見る



昭和七年、士族出身の上流家庭・花村家にやってきた女性運転手別宮みつ子。令嬢の英子はサッカレーの『虚栄の市』のヒロインにちなみ、彼女をベッキーさんと呼ぶ。新聞に載った変死事件の謎を解く「虚栄の市」、英子の兄を悩ませる暗号の謎「銀座八丁」、映写会上映中の同席者の死を推理する「街の灯」の三篇を収録。

玻璃の天

北村 薫
文藝春秋(2007-04)
¥ 1,250
ISBN10:4163258302
ISBN13:9784163258300
Amazonで詳細を見る



ステンドグラスの天窓から墜落死した思想家。事故か、殺人か──英子の推理が辿りついた切ない真相とは。大好評のシリーズ第2弾!幻の橋 / 想夫恋 / 玻璃の天の三篇を収録。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。