2015年06月04日

ベスト本格ミステリ2015


2014年に発表された本格ミステリの短編と評論から、本格ミステリのプロフェッショナルが選び抜いたベスト作品集!
初出
長岡弘樹「最後の良薬」…「野性時代」2014年3月号
大山誠一郎「心中ロミオとジュリエット」…「小説新潮」2014年2月号
乾くるみ「三つの涙」…「月刊ジェイ・ノベル」2014年7月号
織守きょうや「三橋春人は花束を捨てない」…「小説現代」2014年9月号
下村敦史「死は朝、羽ばたく」…「小説現代」2014年9月号
歌野晶午「舞姫」…「別冊文藝春秋」2014年9月号
櫻田智也「緑の女」…「ミステリーズ!」67号(2014.10)
青山文平「真桑瓜」…「小説新潮」2014年10月号
初野晴「理由(わけ)ありの旧校舎」…「小説 野性時代」2014年12月号
芦沢央「許されようとは思いません」…「小説新潮」2014年11月号
青崎有吾「髪の短くなった死体」…「読楽」2014年12月号
<評論>千野帽子「ゆるいゆるいミステリの、ささやかな謎のようなもの。」…「ミステリマガジン」2014年4月号。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/420104795
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。