2013年06月16日

クーポンで30%割引!新潮社フェア6/17 10時まで

ただ今楽天koboイーブックストア新潮社の全タイトルがクーポンで30%OFFです。
期間:2013年6月14日(金)10:00〜2013年6月17日(月)9:59
クーポンコード: scs06

たとえば


重力ピエロ/伊坂幸太郎



撃てない警官/安東能明

続きを読む

2013年03月07日

iBookstoreオープン

アップルが日本向けに「iBookstore」をオープンしました。
これでiPadでがっつり読書できます。
青空文庫からの無料の書籍も多数用意されています。
黒死館殺人事件 - 小栗虫太郎電気風呂の怪死事件 - 海野十三彼は誰を殺したか - 浜尾四郎などが無料!!
もちろん縦書き&フリガナ対応。
以前、青空文庫を自作でEPUBに変換して無理矢理iBooksで読んだ事もありましたが、読みやすさが全然違います。



>>[CNET Japan] アップルの電子書籍「iBookstore」詳細--質を重視した日本でのこだわり方

 iTunes Store(Japan)

2012年07月06日

iPadユーザーだけど楽天の電子書籍リーダー「kobo Touch」が欲しくなる3つのポイント

iPadを購入してからというもの、電子書籍のあまりの便利さに紙媒体を不便に思うことが増えてしまいました。
まだまだ電子書籍市場は拡大していくんだろうなと思っております。
そんな中、楽天から電子書籍リーダー「kobo Touch」が発表されました。
なんとお値段7,980円とリーズナブル!
思わず購入してしまいたくなるお値段です。

さらに、iPadユーザーだけど「kobo Touch」が欲しくなる3つのポイントとは

1.小型で軽量
iPadだけでなくiPod touchも所有していますので、小型軽量という点ではiPod touchでもいいんですが、これだと今度はちょと小さすぎるんですね。
iPad(現行Wi-Fiモデル) 652 g 9.7インチ(対角)クリアワイドスクリーン
kobo Touch       185g 6インチ
iPod touch        101g 3.5インチ(対角)ワイドスクリーン
噂では秋にも7インチのiPad miniが出るとも言われていますが、丁度片手で文庫・新書を読む感じ位のサイズが電子書籍リーダーとしては良いのかなと思います。

2.バッテリーの持ちが良い
iPadで読んでいると結構バッテリーを消費します。もちろん他の事にも使うので、より消費するんですが。
koboは「1回の充電で、最長約1ヶ月」と言われています。
外出時にも安心ですね。

3.液晶より目に優しい
最近CMなどでも話題の「ブルーライト」、確かにiPadでもまぶしい感じはあります。
長時間文字を読むのであれば電子ペーパーの方が読みやすく、目も疲れにくいですよね。

あとは「一万冊の日本語無料タイトル!!」が、どんなラインナップなのかも楽しみです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。