2007年01月30日

オレンジの季節

タグ:鯨統一郎
オレンジの季節オレンジの季節
読了しました。
今回も一気に読んでしまいましたです。
家事についてのもろもろの記述など思わず「うんうん」とうなずくところがあり、とてもリアルに描写されています。専業主夫ならではの悩みもとてもリアル。
このまま終わるかと思いきや......そこはやっぱり鯨統一郎氏。そう簡単には終わりません。
でもちょっと終わり方どうかなぁ?好みが分かれるところかと。

会社員の立花薫は、憧れの上司・戎怜華にプロポーズした。怜華が突きつけた結婚の条件は「薫が専業主夫になること」だった。泣く泣く戎家の主夫となる薫。慣れない家事に忙殺され、薫のストレスは爆発寸前になり…。
続きを読む
posted at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Books:読了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする E

2007年01月29日

重力ピエロ

タグ:伊坂幸太郎
重力ピエロ重力ピエロ
読了しました。
いつもながら心地よいテンポの文章の合間合間に見える人間の心地悪さと優しさ。この作品では特に顕著に良さが表れているかも知れません。この兄弟のお父さんったら....素晴らしいお父さんです。ミステリとしては、謎は早いうちに解けてしまう人は解けてしまうかも知れませんが、そんなことはどうでもよくなってしまう作品です。ミステリが苦手という方はむしろミステリっぽくなくてとっつきやすいかも。

半分しか血のつながりがない「私」と、弟の「春」。春は、私の母親がレイプされたときに身ごもった子である。ある日、出生前診断などの遺伝子技術を扱う私の勤め先が、何者かに放火される。町のあちこちに描かれた落書き消しを専門に請け負っている春は、現場近くに、スプレーによるグラフィティーアートが残されていることに気づく。連続放火事件と謎の落書き、レイプという憎むべき犯罪を肯定しなければ、自分が存在しない、という矛盾を抱えた春の危うさは、やがて交錯し…。
続きを読む
posted at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Books:読了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする E

2007年01月22日

神のロジック 人間(ひと)のマジック

神のロジック 人間(ひと)のマジック
読了しました。
こちらの画像は文庫版ですが、実際に読んだのはこちらではなく本格ミステリ・マスターズで刊行されたバージョンの方です。
いつもの西沢保彦氏とはちょっと違うかな。最後に「えぇ〜っっっ!!??」ってのはもちろんあるんですが、ふとかつて読んだ「アレ」を思い出したりもして.......。(ネタバレ嫌いな方は「アレ」の部分をクリックしないでくださいね)

ここはどこ? 何のために? 誰によって? 荒野のただ中にある謎の「学校」に、犯人当ての実習で幽閉された6人の子供たちが立ち上がった。待ち受ける試練。驚愕の企み。そして1人の新入生が登場し…。

続きを読む
posted at 10:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Books:読了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする E

2007年01月19日

ほうかご探偵隊

やっと読めました。あぁ、やっぱり倉知淳氏ですよ。らしさ全開です。
ミステリーランドシリーズの1冊ですが、何冊か読んだ中で今のところ一番ミステリーランドのコンセプトに合った作品なのではないかと思います。
ほうかご探偵隊 (ミステリーランド)

倉知 淳
講談社(2004-11)
¥ 2,100
ISBN10:4062705745
ISBN13:9784062705745
Amazonで詳細を見る



僕のクラスで連続消失事件が発生。僕は四番目の被害者に!といっても、なくなったのはもう授業でも使わないたて笛の一部。なぜこんなものが!?棟方くんの絵、ニワトリ、巨大な招き猫型募金箱、そしてたて笛が一日おきに姿を消すという奇妙な事件が五年三組にだけ起こっている。ニワトリなんか密室からの消失だ。この不可思議な事件を解決してみないかと江戸川乱歩好きの龍之介くんに誘われ、僕らは探偵活動を始めることにした。僕がちょっと気になっている女子も加わり事件を調べていくのだが…。そこにニワトリ惨殺目撃証言が!町内で起きた宝石泥棒との関連は?龍之介くんの名推理がすべてを明らかにする。


続きを読む
posted at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Books:読了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする E

2006年03月15日

イン・ザ・プール

空中ブランコを先に読んでいたんですが、文庫化されたので「イン・ザ・プール」衝動買い。空中ブランコの方がパワーアップしている感があるので、未読な方は「イン・ザ・プール」からぜひどうぞ。
イン・ザ・プール
イン・ザ・プール
posted with amazlet on 06.03.15
奥田 英朗
文藝春秋 (2006/03/10)

こちらの文庫化です。続きを読む
posted at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Books:読了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする E

2006年01月23日

QED神器封殺

QED神器封殺QED神器封殺
読了しました。
最後が袋とじということで、うっかり結末を見てしまうということがない親切な作りになっています(笑)
前作のQED 〜ventus〜 熊野の残照と話がリンクしていますので、前作未読の方は先にQED 〜ventus〜 熊野の残照を読まれた方がいいです。
今回はなんといっても新キャラ御名形さんの登場がポイントかと。これがタタル&奈々の今後の動向の触媒になるんじゃないかと期待しているんですが。

posted at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Books:読了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする E

2005年11月01日

魔神の遊戯

魔神の遊戯魔神の遊戯
読了しました。
というわけで、御手洗潔です。旧作からなるべく順番に読もうと思っていたのですが、もう順番ごちゃごちゃになってきちゃいました。もちろん初期の頃の作品もいいのですが、どうやら私は最近のものの方が好みかも知れません。
これはかなり大がかりな感じです。映像にしたら凄いかも。(コストかかりそう(笑))
まさに総天然色(をいをい)、かなり豪華なビジュアルです。
もうすぐ文庫化です。
スコットランド、ネス湖の小村でバラバラ殺人事件が発生! 氷の魔王の叫びが大地を震わせ、空にはオーロラが。驚天動地の謎、解答が秘められた「未来からの記憶」とは? 御手洗潔、新世紀最初の冒険!

続きを読む
posted at 04:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | Books:読了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする E

2005年10月24日

鏡の中は日曜日

鏡の中は日曜日
鏡の中は日曜日
posted with amazlet on 05.10.24
殊能 将之
講談社 (2001/12)
売り上げランキング: 43,992
おすすめ度の平均: 3.67
5 アルテが先か、殊能が先か
2 あいかわらず・・・
4 また騙されました

読了しました。続きを読む
posted at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Books:読了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする E

殺意の集う夜

殺意の集う夜
殺意の集う夜
posted with amazlet on 05.10.24
西澤 保彦
講談社 (1999/11)
売り上げランキング: 54,505
おすすめ度の平均: 3.5
4 最後にピースが嵌まる
3 なかなかです

読了です。続きを読む
posted at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Books:読了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする E

2005年10月22日

パズラー 謎と論理のエンタテイメント

パズラー 謎と論理のエンタテイメント
西澤 保彦
集英社 (2004/06/25)
売り上げランキング: 98,362
おすすめ度の平均: 3.5
3 西澤エキス詰まってます
4 まさしく「謎と論理のエンタテイメント」

読了です。続きを読む
posted at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Books:読了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする E

2005年10月21日

劫尽童女

劫尽童女
劫尽童女
posted with amazlet on 05.10.21
恩田 陸
光文社 (2005/04/12)
売り上げランキング: 26,916
おすすめ度の平均: 2.86
2 1つ1つのセンテンスは面白いのですが
3 もったいない作品
2 漫画的

読み終わりました。続きを読む
posted at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Books:読了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする E

2005年10月20日

僧正の積木唄

本格ミステリ・マスターズ繋がりでこちらも。
僧正の積木唄
僧正の積木唄
posted with amazlet on 05.10.20
山田 正紀
文藝春秋 (2002/08)
売り上げランキング: 133,902
おすすめ度の平均: 4
2 残念...
5 「買い」の一冊です
5 文句なくお勧め

僧正殺人事件は終わっていなかった-。反日感情が日ごとに高まるニューヨークで、贖罪の山羊に供されんとする日本人を救うため、あの名探偵が立ち上がった! 黄金期本格の香りが21世紀に甦る長編。
続きを読む
posted at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | Books:読了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする E

2005年10月19日

弥勒の掌

弥勒の掌(て)
弥勒の掌(て)
posted with amazlet on 05.10.19
我孫子 武丸
文芸春秋 (2005/04)
売り上げランキング: 45,303
おすすめ度の平均: 4
4 目からうろこが落ちました。
4 カーニヴァル化する宗教
4 うまい作家

やっと読みました。
続きを読む
posted at 05:02 | Comment(1) | TrackBack(1) | Books:読了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする E

2005年01月22日

QED 鬼の城伝説

高田 崇史氏のQ.E.D.シリーズ第9弾読了しました。
QED 鬼の城伝説
QED 鬼の城伝説
posted with amazlet at 05.01.22
高田 崇史
講談社 (2005/01/14)
売り上げランキング: 3,370
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4
4 まずまずかな
4 QED第9弾
続きを読む
posted at 03:25 | Comment(0) | Books:読了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする E

2005年01月21日

瑠璃の契り

瑠璃の契り瑠璃の契り/北森 鴻
冬狐堂シリーズの新刊です。
倣雛心中 苦い狐 瑠璃の契り 黒髪のクピド の4編からなる短編集。
倣雛心中は人の悪意の怖さを感じる一編でした。
ネタバレになるので詳細は伏せますが、様々な人の悪意の形がシンクロするように浮かび上がる様は圧巻です。
今回、「宇佐見陶子を襲う眼病」というのが内容紹介にあったので、一体どんなことになっちゃうんだろうと思いながら読み始めたのですが、そういう事でしたか.....。
私も去年これで一時パニックになったのでとても人ごととは思えませんでした。(今でもなんですけどね)
それにしても、なぜ毎度毎度陶子さんはこんな目に。
と思いつつもまた次の長編にも期待してしまうのでありました。
posted at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(1) | Books:読了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする E

2005年01月07日

ハサミ男

ハサミ男ハサミ男/殊能 将之
やられました。思いっきり気持ちよ〜くやられちゃいました。えぇ、やられましたとも。
で、やられた感はもちろんなんですが、細部の描写などもとても楽しめます。
タイトルからグロテスクな描写が多いのかと思っていましたが、そんな事はありませんでした。
(実はそう思っていてなかなか手が出せなかった一冊です)
一気に読んでしまいました。
気持ちよくやられるのが好きな方、思う存分やられちゃってください。
posted at 16:15 | Comment(0) | Books:読了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする E

鬼流殺生祭

鬼流殺生祭
鬼流殺生祭
posted with amazlet at 05.01.07
貫井 徳郎
講談社 (2002/06)
売り上げランキング: 83,860
通常4日間以内に発送
おすすめ度の平均: 2
3 貫井流アンチ本格?
4 私は結構好きです。
3 人間の書き方がイイ


う〜ん、これは困った。
あの一族の怪しい風習って、一発で「アレ」ってバレバレ.......。
これはちょっと.................。
posted at 04:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Books:読了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする E

2005年01月06日

安達ヶ原の鬼密室

安達ヶ原の鬼密室安達ヶ原の鬼密室/歌野 晶午
太平洋戦争中、疎開先で家出した梶原兵吾(かじわらへいご)少年は疲れ果て倒れたところをある屋敷に運び込まれる。その夜、少年は窓から忍び入る”鬼”に遭遇してしまう。翌日から、虎の像の口にくわえられた死体をはじめ、屋敷内には7人もの死体が残された。50年の時を経て、「直観」探偵・八神一彦が真相を解明する

読み出して「え?」いきなり「あれれ?」読み進めてさらに「え〜?」という感じの1冊です。構成にもびっくりさせられます。
posted at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Books:読了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする E

作家小説

作家小説作家小説/有栖川 有栖
「作家」をテーマにした短編集。
ほとんどの作品がホラーになってしまうあたりは、ご本人の実感が籠もっているのでしょうか?
(といっても全編ホラーというわけではありません)
収録作は
書く機械
殺しにくるもの
締切二日前
奇骨先生
サイン会の憂鬱
作家漫才
書かないでくれます?
夢物語
の8編。
冒頭の「書く機械」はなんとも底知れぬ恐怖感を煽ります。
「書かないでくれます?」はなんとなく先が読めそうでもありますが、それでもやはり背筋が寒い感じのラストになります。
posted at 19:07 | Comment(0) | TrackBack(2) | Books:読了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする E

すべての美人は名探偵である

すべての美人は名探偵であるすべての美人は名探偵である/鯨 統一郎
邪馬台国はどこですか?の早乙女静香、九つの殺人メルヘンの桜川東子の競演ということで、一体どんな事になるのかとドキドキしながら読みました。
沖縄と北海道の同時殺人事件に「アリバイ崩し」の桜川東子がどうアプローチするのか、早乙女静香はやはり相変わらずなのか。もちろん邪馬台国はどこですか?の早乙女静香が登場する以上、歴史の謎も見逃せません。歴史の謎といえば「あの人」ですが、「あの人」なしで早乙女静香がどこまで謎に迫れるかも見所かも知れません。
posted at 03:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Books:読了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする E
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。